アニメ好き必見!アニメで選ぶ動画配信サービス比較まとめ!

 アニメを見たいならどの動画サービスを選ぶべきか?

動画配信サービスや放送サービスを選ぶ基準はあなたが見たい、楽しみたいエンタメジャンルの優先順位によって選ぶことをおススメする。

なぜならかんたんに料金や作品・配信数で選んでしまうと、サービスをあまりうまく活用できずに時間とお金を無駄にしてしまうことが多いからだ。

この記事ではエンタメジャンルの中でもアニメジャンルが一番優先順位が高い!という方のためにアニメに焦点をあてて各サービスの比較をしている。

作品数・ジャンルで 比較

アニメ 作品・配信数
(月間)
メリット デメリット 録画
スカパー ・BSアニマックス
・キッズステーション HD
・カートゥーン ネットワーク
・アニメシアターX(AT-X)
専用チャンネルが選べる 取付けがめんどう ・録画可
Hulu 約90 過去の人気アニメが凝縮 ラインナップが古い ・録画不可
U-NEXT 約440 作品本数が多い ・新作、人気作品はPPV課金 ・録画不可
dビデオ 約260 作品本数が多い ラインナップが古い ・録画不可
ニコニコ動画 907チャンネル 作品本数が多い ・ラインナップがマニアック
・投稿コメントがうっとおしい
・録画不可
DMM.com動画 不明 劇場作品からテレビアニメまで多数 ・ほとんど単品購入となる ・録画不可

 

 

管理人のおすすめBEST3

 スカパー

 

 おすすめポイント

 アニメはスカパーのチャンネルでほぼ網羅できる
 アニメ以外のコンテンツも充実
 録画ができる

 弱いところ

 取付けが面倒な場合がある

 アドバイス
アニメジャンルのラインナップでいうならスカパーかバンダイチャンネルだろう。両社それぞれかなりの量のコンテンツだ。セレクト5のパックだと月額1,980円(基本料金421円除く)、なのでWOWOWやU-NEXTと変わらない金額で申し込みができる。また月額3,672円(基本料金421円除く)だとあらゆるジャンルの専門チャンネルが40ch以上入っているから恐ろしい。とにかくエンタメ三昧したいのであれば、お試し期間をご利用あれ。

スカパーの公式サイトはこちらから

 dTV

 

 おすすめポイント

 月額500円とお手頃価格

 弱いところ

 特にない

 アドバイス
dTVは月額500円でアニメ以外のコンテンツもそれないに豊富なことが人気だ。ただしデバイスによってはかなり画質がよろしくない場合があるのが実際に利用していてちょっとなあと思うこと。ただし作品によってはHD画質もある。質より量でどうしても月額安いのがいいということであればやはりdTVだろう。

dTVの公式サイトはこちらから

 U-NEXT

 

 おすすめポイント

 見放題400本以上、PPV合わせると2,200本以上の充実したボリューム
 新しいアニメもたくさんある
 毎月の付与ポイントでコミックも読める

 弱いところ

 ついついはめをはずしてPPV課金で視聴してしまう

 アドバイス
映画からカラオケまでとにかくコンテンツが充実している。U-NEXTの基本料金は月額1,990円だが1契約で同時に4人までサービスを利用できる。家族で割り勘するとひとり500円もかからない。また毎月付与される1,000ポイントはアニメだけではなく映画や音楽、書籍など様々なジャンルのコンテンツに利用できる。

U-NEXTの公式サイトはこちらから

 hulu

 

 おすすめポイント

 海外ドラマと抱き合わせならお得

 弱いところ

 ラインナップが多くない

 アドバイス
アニメだけではなく海外ドラマや映画と抱き合わせで選びたい場合はhuluが安定して人気だ。ただ問題点はラインアップが100に満たないことと古いことだろうか。

Hulu の公式サイトをはこちらから

 

管理人おススメサービスBEST3はコレだ!

WOWOW
画質、音質、新しさと圧倒的なクオリティでエンタメが楽しめる。録画可能なのが放送サービスの強みだ。
hulu
海外ドラマと邦画はいまだに強い。dビデオとよく比較されるが画質と使い勝手でhuluに軍配をあげる。
U-NEXT
圧倒的なコンテンツ量。1アカウントで最大4人までサービスを利用できるのはここだけ。